読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつのまにか結核闘病日記

アラサー女子の日々の記録を書くつもりがいつの間にか結核闘病日記に。

退院117日目

Dr.の彼女

退院して100日超

気がつけばこんなに経ってしまいました。通院等で休む事もありますが、基本的に以前と同様の生活です。ほぼ回復。

結婚を反対される女性

突然ですが、上記のような女性、世の中にはあまり多くないみたいですね。(反対される男性は聞いた事がありますが。)これ私の事です。困り果ててるので参考にしようと本屋さんで検索しても対策本が見当たらない。どうしたらいいのでしょう。彼は自分の気持ちを通してくれそうですが、果たしてそれでいいのか。親に対して罪悪感を持ち続けてこれから生きていくなんてあまりにも可哀相。私が身を引けばいいだけの話になってきている気もします。色んな意味で辛い。

いざ、結婚

となった時に、まず式はどうするのか⁇押し切って結婚するパターンは式すら挙げられないのか。万が一式をした場合には参列してもらえず、複雑な気持ちを味わうのだろうか。これから一緒に生活するだけで充分幸せだろう!と思われるかもしれないけれど、普通の結婚式でドレスを着る事さえ許されないのは…悲しかったり。これは私の我儘なのかな。

将来の話

彼の口から将来の話が出る度に情緒が不安定で崩壊してしまいそうになる。私が大袈裟に捉えすぎなのか?また時間が経つにつれ状況が変化し、前ならよかったのに今はダメ。のような事が起きる。例えば、結核罹患だからダメ、とか。なる前に話しとけばセーフだったのかも。どんどん私のダメな部分を突きつけられて何度もう無理と思ったか。どこかで線引すべきかもしれない。どうしたらいいのか訳がわからなくてややパニック。 模索しているうちにゴールが見えますように。

通院5日目

結核闘病記

病院はしご

今日は有給をとって久々の通院。せっかくのお休みなので休みにしかできない病院のはしごをしました。慌ただしい1日…

耳鼻咽喉科

結核なのになぜ耳鼻咽喉科なのか。生まれてはじめて膿栓という扁桃腺の凹みに白血球の死骸等がたまる現象に見舞われたからです。(薬服用中というタイミングなので薬のせいかな?因果関係不明。)人体には無害だそうですが…喉にずーっと異物感があるし、なんといっても、膿栓のにおいがしゅごい… 人と接する仕事なのでなんとしてもとって頂きたい…

とってもらえませんでした

くしゃい膿栓を取ってください!と言いづらかったので「喉がイガイガして、異物感があるのですが…」(←事実です)といったら「カメラで見てみましょう」という事になり、なぜか鼻にガーゼを詰めて麻酔をされ鼻から見るのか?と思いながらも言われるがままにしてたら、鼻経由喉行きのカメラをぐんぐん突っ込まれビデオ撮られました…。半ばで、えっ、これ要る?!と思っていたら

先生「喉綺麗ですね」

私「…(でしょうね!!!)」

カメラ終わった後、先生にもう少し喉の手前に異物感あるんですけど…といったら。

先生「あー扁桃腺のことかな?、どれどれ。あーこれは膿栓ですね、無害なものですので気にしないで下さい。」

私「とってもらえないのでしょうか」

先生「人体に影響するものではないので、そのままで大丈夫ですよ」

私「とってもらえないのでしょうか」(2回目)

先生「小さいので取れないです。うがいして下さい。」

終了

なんの解決もしないまま、無駄に2500円払って帰ってきました。

膿栓をとってもらうには

恥ずかしいですが事前にとってくれるか病院に確認の電話をした方がよいかと思われます。本当に取ってくれない病院あります。違和感あるのに…びっくり!

結核の通院

今日もレントゲン、喀痰、血液検査。過去の結果は特に異常なし。お薬もあと1ヶ月。今のところ飲み忘れず5ヶ月です!我ながらよくやってる 笑 残り1ヶ月も気を抜かずに頑張ります!

 

ブログ1周年

1年経過

ただのOLの日々を綴るはずが、結核闘病記になってしまいました。突然の発症。色んな意味で人生変わりました。ただ、病気の事を見に来てくださる方が多くいらっしゃるので、結核の事を変わらず発信し続けたいです。拙い文を読んで下さってありがとうございます。

 

彼との事

結婚話が難航して、えらい事になっていたので何度も何度もぶつかりました。こんなにぶつかった事は過去にないです。(そして二人の関係が原因ではなく、原因はいつも外部から)ぶつかってもうダメだと正直思った事もありましたが、彼の強い意志と行動が関係を救ってくれました。簡単にはいかないことばかりですが、彼について行きたいと思っています。

 

31歳の抱負(仮)

Pay forward. にします。出来ていないことが多すぎるので…!あとは夢リストを実行する事。通訳案内士の試験が迫っていますが、正直それどころじゃありませんでした。プライベートが荒れすぎ…。pay forward で心地よい日々を。

 

通院4回目

結核闘病記 Dr.の彼女

病院の待ち時間

今日は会社をお休みして4度目の通院。待ち時間が果てしなく長く2時間もかかった。いつも通りレントゲン、喀痰、血液検査、診察。最近の体調は疲れやすい事を除いては元気な頃とほぼ同じ。その代わり疲れやすいので10時か11時には就寝です。諸々検査結果は特に異常なし。

会社復帰と仕事内容

結核闘病後の業務内容は軽くなるのかな?と思いきや、通常通りでした。むしろやりたかった仕事の割合が増えた感じ。特別扱いされないのがある意味嬉しかったです。これから仕事バリバリ頑張る。

Dr.の彼との事

悲しいけれど、もう私の方の気持ちの限界が近づいています。1ヶ月近く会わなくてもほとんど寂しいと思わなかったこと、むしろ会ってから以降のストレスが並々ならないこと、彼といるときの「私」が嫌いすぎて辛いこと(彼に対して以前の様に優しい気持ちを持てないこと)、これ以上彼の親御さんの反対に耐えられないこと、全ての考えがネガティブで被害妄想になってしまうこと…

どうしたらよかったんだろう。あんなに気が合って愛しくて心から尊敬できたのに。拗れた原因になったものを受け入れるのには時間がかかりそうです。もう、疲れ果ててしまった。もう、色々遅すぎる。

明日からまた仕事。切り替えて乗り越えるしかない。あと1週間で31歳。叫んでも届かないこの気持ちをどこに持って行ったらいいんだろう。

退院70日目

結核闘病記

職場復帰1週間

約1週間働いた。正直体力が果てしなく落ちているため何をしても疲れる。10時にはもう眠い。仕事はあっという間に慣れた。元の世界にタイムスリップした感じ。…一部の書類を除いては…

残された書類

タイムカプセルのように取り残された先方に送るべき8通の書類。誰にも気が付かれず完全に放置されていた。(メールで上司には伝えたのだけど…)感染症はこれだから…診断されたら速攻隔離だからどうしようもない。メールで伝えても伝わらないならやりようがない…明日はお詫び状をたくさん書かなきゃ。

食事問題

会社には社員食堂があるんだけど、そこのご飯がなかなか油が多かったり、食べられないものだったりで悩ましい。お弁当がいいんだろうけど、早起きだけでもキツイので…困ったなぁ。

丸くなった性格

3ヶ月会社を休んで、周りの人から性格や言葉遣いが柔らかくなったと言われた。確かに、うちの会社は男女関わらずバリバリ働かねばならないし、いつも神経張り詰めてるし、怒るし、イライラするし…それから解放されて丸くなったのは間違いないと自分でも感じる。しかし…

早くも元通りに戻りつつある。そこにイライラする状況がある限り、仕方ないのかな。せっかく丸くなって良くなった所はできるだけキープしたいものです。

Dr.の彼とのこと

1ヶ月ほどあっておらず。どうしたらいいのかわからず…。自分で決断が出せる、そんな31歳になりたいと思います。早くも来年の目標かな!

退院64日目

職場復帰初日

無事に職場復帰してきましたー!朝起きるのから食事、通勤、全てに体力が持ってかれて職場についた時にはもうフラフラでした。

手土産について

突然3ヶ月も仕事を休んで周りの皆さんに多大なご迷惑をおかけしたので、手土産を持って行きました。全員に配る用と、特に私の仕事をまるっと被ってご迷惑をおかけした数名の方々には特別にご用意しました。「ご迷惑をおかけしました、今日からまたよろしくお願いします。」という偽りのない気持ちを込めてご挨拶しながら配り、「気を使わなくていいのにー」とも言われましたが皆さん笑顔で受け取ってくださいました。

…1人を除いては!笑

1名のお方からは、「むしろモノとかそういうのいらないし、(私の休職中の期間にあった出来事をその先輩が被ったことで)あなたの成長の機会を奪った形になっちゃったわ」(?)と若干意味不明な事を言われながら別室に連れて行かれ(ざっくりまとめると)その仕事がどんだけ大変だったかをひたすら語られました 爆  その結果自分が体調を崩されたとおっしゃったので、謝ったら、再び先ほどの決め台詞「謝らないで。むしろあなたの成長の機会を奪うことになって残念だわ」を曰われました。「モノとかそういうのは要らないけど、今日は折角遥々持って来たから受け取るわ」と言われました。色んな解釈があると思いますが、なんか逆に面白かったです。笑 会社(社会?)に戻ってきた感じ!ふぇいー

嬉しかった言葉

やっぱり、「おかえり。」でした。申し訳なさ、不安、焦りなど色んな気持ちを抱えて出社して1番ほっとする言葉でした。逆の立場になった時にはその言葉をかけられるような社員になりたいです。

帰り道では歩いている途中で目眩がしました。無理は良くないですね。あと1日出たら休みです。明日に備えて早く寝ます。

退院60日目

結核闘病記

いよいよ職場復帰へ 

無事に来週からの職場復帰が決まった!会社に面談に行った時に何人か会社の人にあったけど、元気そうだと言われてしまった。元気というよりは…単純に3キロほど太っただけですが 笑 結核治すには免疫力を上げねばならなくて、その為にはちゃんとした食事と睡眠が必要との事。よく食べよく寝たらこうなりました!笑

 途中でバッタリ会った先輩が私のことを見て後ずさり…笑こういうことはこれからもたくさんあると思うけど、笑い飛ばせるようになりたいな。もう排菌はしていないから、近づいても大丈夫ですよ…笑 改めて結核に関する情報を発信していきたいという気持ちが強まった。 

体調はよかったり悪かったりを繰り返している。今週は3回ほど頭痛…。元からのものなのか、薬や体調から来てるのか、はたまた女性特有のものなのか…よくわかりませんが早く万全になりたいな。

 晴れて職場復帰もできるので…これから毎日楽しむぞ〜(^-^)/ 早速旅行の予定も沢山立てる!ただ無理はしないようにしないと…再発したら大変だから。お気に入りの御朱印帳も更新したいな♪♪

Dr.の彼との近況

Dr.の彼さんとは…状況が全く前に進まず。恥ずかしくて親友にも相談できず。もう31歳になっちゃいそうで落ち込みます。とりあえず今はその時じゃないと思うので、落ち着いて静観したい。というかその事を考えずにおきたいです。皆が幸せになれる方法を考えたいけど、残念ながら無理な気がしてきた。とにかく気分を別の方に変えたいと思います。

今後の予定 

31歳から全く新しい事に挑戦してみたい。結核中は海外に行けなかった…というブログをどこかでみたけど…治ったら海外にもまた行きたいな。通訳案内士の勉強中だけど、なかなかハード…あと1ヶ月頑張る!

あとは、全力ポケモン世代としては…ポケモンゴーが楽しみで仕方ない!外出の機会が増えそうな予感。ポケモンゴーが配信されたら3日坊主(早!)のランニングもまた始められるきがする!

久しぶりに前向きな日記でした。