いつのまにか結核闘病日記

アラサー女子の日々の記録を書くつもりがいつの間にか結核闘病日記に。

退院510日目

微熱、続く

退院510日目になります。このブログもいつまで続けるのだろう…?少なくとも2年目検診までは続けることになります。どうぞよろしくお願いします。テーマについて、最近ずっと微熱が続いています。手足が熱くて熱くて。熱を測れば37.2〜37.6℃というのがお決まりのパターン。かれこれ1か月以上?でも病院にはいきません。なぜって?

医者妻の嘆き

夫が診てくれるから…!ラッキー!って話じゃないです。むしろ逆。もっと大変な病気ばかり診ている夫は、微熱なんて大したことで騒ぐなと。そして、さて外に目を向けると引越しで夫の地元に来たからどこに夫の知り合いがいるかわからないんですよね。ここは夫の地元。地元の医学部に行った夫はそこらかしこに同期だか医局派遣だか、開業医だかがわんさかいるのです。しかも、こんな大変ローカルな地域だと「結核」って言っただけで大騒ぎなんですよね。病気自体が超レアなんです。馬鹿みたいに閉鎖的だから噂も瞬く間に広まるし。そんなことで夫に迷惑はかけられないんです。眼科に行くにも、歯医者に行くにも、内科に行くにも、婦人科に行くにも、初診ではいっぱい項目を書かされて、必ずそこには過去に大きな病気に罹患したことはありますか?という欄があって…。そんなの書けないです。だから病院には行けません。ナンテコッタ。

リアル脱出ゲーム

そんな理由もあったり、毎日の蓄積もあったり、本当うんざりしているので、一刻も早くこの国(同じ日本国と思えないくらいローカル)から脱出したい。まさに、リアル脱出ゲームです。頭使って、手がかり見つけて、ここから必ず脱出する。運転できず、地図読めず、仕事もなかったらまるで「無能」扱い。都会では運転できなくて困ったことないんだけどな。新しい土地の何がどこにあるかなんて、グーグル先生に聞けば教えてくれるからいちいち覚える必要もないと思うんだけどな。ついこの間まで華やかな業界で65歳まで働ける正社員として働いていたんだけどな。何これ。夫は1ヶ月の3分の1不在。寂しいとか、悲しいとか、そんな次元はとっくに超えてる。何度も生き辛さを訴えてるけど、聞き入れてもらえない。自分が変わらなきゃと、必死でもがいても余計苦しくなるだけ。いつか、毎日は上向きになるのかなぁ。

退院507日目

1年半検診

先日、1年半検診に行ってきました。いつも通りレントゲンを撮って問診。特に影も大きくなっておらず、異常なしとのことでした。次は半年後の4月。ちょうど結核から2年後でラスト検診になる見込み。あっという間の2年でした。

最近の毎日

新しい、そして決して都会とは言えない地方でのんびり専業主婦をやっています。正直、飽きてきた。つまらなすぎる。でも何か新しいことを始めるにもびっくりするほど仕事がない。あるにはあるけれど内容が死ぬほどつまらなそう。(前職はあまりに特殊だったので、もちろん都会にしかない)こう言う作業は嫌だけれど自分を見つめ直すのにとても良いチャンスだと思うので、将来どのようになりたいか改めて1から考え直しているところです。

かつての仕事

かつての仕事に関わるものをお客さんの立場から見てみた。素晴らしかった。辞めたことを後悔して涙が止まらなかった。選んだ道を間違えたと思った。本当に在職中は大変で、業界ならではのルールや凝り固まった人間関係にうんざりしたり、病的な人とも関わらないといけなかったり、給料もびっくりするほど安いし、何度辞めたいと思ったかわからない。ただ、そんな日々でさえ懐かしくちょっと羨ましいと思えてきた。情緒不安定だからかな。でも、もう後戻りはできない。今の夫と人生を歩むことを決めて、ついて僻地に来た。逆に言えば、一から新しいことを始めるのには絶好のチャンスかもしれない。人生楽しまないと損!久しぶりに前職で一緒だった先輩とお茶をした。その方も前職をすでに退職なさっているけど、後悔は1ミリもないとのこと。そんな風に言えるように今からの人生を前向きに生きていきたいと思う。

充実していた学生時代

考えてみれば、学生時代は本当に充実していた。誰に頼まれるわけでもないのに、死ぬほど勉強した。自分をハードな環境において追い込み、次から次へと課題をこなし、新しい考え方に影響を受け、そして更に高みを目指し続けた。普通の人から見たらちょっと変わっているメンバーで皆がやらないような破天荒なことをするのが楽しかった。ところが、いつの間にか社会で会社の一員として働くようになり「馴染む」とか「うまくやる」とかそういうことに重きをおくようになってしまった。問題なく無難にこなす、普通が一番的な考え方で冒険をしなくなってしまった。好きだった仕事も辞めたので失うものもないし、毎日がつまらないのでそろそろ、冒険をしてみようと思う。学生時代のようにちょっと変わったことを。夢中になれる何かが見つかるといいな。

退院472日目

500日目まであと少し

退院からあと1か月ほどで、500日。あっという間でした。

体調は極めて良好。病前と全く変わらず、元気に過ごしています。

未だに、このブログが一定数の方々に見ていただいているということは、

ひょっとしたら大変な日々を送っている人がいるのかもしれない…。

病状は人によってそれぞれですが、きっと大丈夫です!

元通りに戻れると思います!

引越し

夫の転勤に伴い、実家を離れて遠〜いところに引越ししました。

前回の一人暮らし→実家への引越しは、

ちょうど発病中で微熱が続いている中、体が本当に疲れやすくて、

周りの人に引越しってこんなにキツイんですね〜!!

みたいな愚痴をこぼしていました。(しかも、ケホケホっと乾いた空咳をしながら)

まさかあの時自分が結核だったとは…と後で思い返した記憶があります。

今回の引越しは、もちろん結核ではない上に、

既に済んでいる夫の住居に転がり込む?ような形だったということもあり、

全然余裕でした!笑 

微熱が続き、空咳があって、いつも以上に体が疲れやすい時には、

結核を疑って病院にかかって診てもらうことをお勧めします…!健康第一

(それでも、なかなか症状が中途半端で行きづらいのが難点なのですが…)

いつの間にか専業主婦

前の会社を結果的にあまり美しくない形で退職し、

いつの間にか専業主婦になりました。(いつの間にか専業主婦日記を始めようかな)

前の職業が、なかなか特殊な仕事で仕事がほぼ都会に限られていること、

(今の住居は都会とは言えないところです。)潰しが利かない仕事であることから、

転職活動を途中でバッサリやめました!

転職サイトがお勧めしてくる仕事が、

タクシーの配車…とか、ツアーコンダクターとかで、土地勘もないし、

ショールームの受付とか、言葉もまだよくわかってないし(←ほぼ言い訳 笑)

びっくりするぐらいお給料低いし…無理!笑

幸い夫は、働いても働かなくてもどっちでもいいよーと言ってくれているので、

お言葉に甘えて、お家のことに専念しています。

多分DINKSの今が一番貯金しやすいというので、できそうなものが

あれば始めようかな〜と思いながら失業保険の手続きをしているところです。

これから

こんな状況なので、日々の生活にゆとりが出てき始めたので、

少しづつ結核中にまとめたかった内容など、綴っていけたらなと思います。

だんだん記憶が薄れつつありますが…汗

誰かの役に立つことを願っています!

退院430日目

職場復帰1年記念

記念すべき1年記念。今日会社休みました。職場ストレス耐えきれず、初の心療内科で「ストレス障害」との診断。安定剤を2つ処方されました。そして、心理士さんになんかよくわからない嫌なフラッシュバックやトラウマが和らぐ?トントンする治療をしてもらいました。とりあえず、薬をもらえたので心穏やかに過ごせらいいな。とりあえず、ピンチの時にはこれを飲めばいいのでホッとしています。

 

原因

猛攻撃してくる先輩と、故意に勝手な判断をして私が困ってる様子を見て喜ぶ後輩が同時に降りかかってきた為。上司に2回相談してもとりあってもらえなかった為。キツー

 

泣きすぎの頭痛

ご飯を食べながら涙が止まらなくなったり、攻撃的な先輩に呼び出されてマシンガンのように責め立てられ涙が止まらなくなったりで本当によく泣きました。なんだこれ、それで決まってその後に襲いかかる激痛。頭痛薬必携。

 

うつじゃないんだ?

正直な感想です。あ、あたし違うんだ。うつの人はもっとキツイのか。大変だな。あたしの唯一の取り柄が、素早くSOSを出せる事。うたれ弱いだけって事ですね。こんな人間ですみません。きっとうつの人は涙も出ないくらい深刻なんだろうな。泣けるだけマシなのか。

 

これから

退職が決まってて本当によかった。ゴールがないともう頑張れないところだった。恐ろしい人からは一刻も早く逃げる事。これが一番。心からさようなら。もう一生会いません。

退院409日目

1年以上経過

気がつけば、結核になってから1年以上が経過していた。結核になったのなんて、大昔の出来事…と思えるくらい平常運転である。今でも、こちらのブログを検索し見に来てくださる人がいらっしゃるので、きちんとお伝えしたい。闘病以前とほとんど何も変わらない毎日を過ごせています、ということを。

近況

変わらない毎日と言いながらも、個人的にこの一年で大きな変化があった。闘病中、私を支え励ましてくれた彼と結婚した。本当に、普通では考えられないような修羅場を結婚前に既に経験し(←彼の親の猛反対)私自身は何度も何度もくじけそうになったけれど彼の忍耐強さのおかげで乗り越えることができた。これから、といえばこれからだけれど。二人の将来がどうなっていくかが楽しみ。

体調

体調は万全。以前と全く同じ。変わらず偏頭痛には悩まされる程度。そういえば、結核になってから一度も風邪をひいていない。病気にならないように、睡眠、食事、予防など十分気をつけているからだと思う。免疫力についての勉強もかなりした。「ほとんど」何も変わらない生活のうちの唯一少し変わった部分は、体力。年齢のせいなのか、病後で落ちた体力なのかわからないけれど、以前に比べて体力は落ちた。これは今後ジム通いをしてつけていきたい。

仕事

全く変わらない、むしろ激務…だった。「だった」というのは、もう退職を決めたから。大切にしていた仕事だったし、やりがいもあったが、最後の最後で崩れた。1人の新人にメンタルをボコボコにやられて、上司に訴えたけれどそれでも一緒にいなければならなくて、本当に壊れてしまわないように神経を張りつめていたら、もともと一緒にやっていたグループのメンバーとの間に亀裂が生まれた。こうなってしまったことは本当に残念だけど、仕方の無いことです。いつかわかってもらえる日が来ると信じて…。はー、辛かった〜、地味にダメージでかかった〜。それから解放されることは本当にこの上なく幸せです。

今後のこと

予定は未定です。当面の目標は心穏やかに過ごすこと。体力をつけること。夫との結婚生活を安定させること。お料理のレパートリーを増やすこと。あと、何か新しいこと始めたいな。どこか旅に出たい。ヨーロッパとか。特にウィーンにいきたい気分。シシィにまつわるスポットを巡りたい。もうすぐ32歳になるけど、Pay it forwardの目標思ったように実行できなかったな。少なくとも残りの1ヶ月は心がけていきたい。そんな今日この頃でした。

退院166日目(退職の決意)

退職の決意

あまりである。仕事があまりにもキツすぎる。体力的にも精神的にも、異常。ブラックの極み。休みの日にも畳み掛けるようなメール(悪意あり)。夜も夢でうなされ、大汗をかいて目覚める。静寂とかけ離れたうるさ過ぎるオフィス。左目の痙攣がとまらない。仕事の無茶ぶり。明日は朝から人として扱われず、悪態をつかれる警報。ってか普通なら避難勧告どころではなく避難指示…なレベル。病み上がりによくふったな、この仕事。そんなこんなで、心の中でひっそりと辞めることを決意した。

結核の再発

とりあえず、よく食べよく寝て万全を期すけどストレスによる免疫力の低下は避けられない。こんな仕事のためにあんな隔離生活になるのはもうゴメンである。2年以内が一番再発率高いんですよ。会社は知らんやろうけど。ちゃんとした会社にお勤めやったらそもそもこんな病気になったりしないんだろうな。夢追った私が悪いですね。

隔離されてみて

少し離れて気がつく、会社の異常さ。病気になるまでは会社の一員としてやるべき事をきちんと早く丁寧にこなさねば、役に立たねば、必要とされねば、もっと上を目指さねばとがむしゃらに突き進んでいましたが…。よくみたらただの駒ー笑 断りづらそうな性格利用されただけー笑 手を抜いてる人をみてイラついてたけど、その人達がよっぽど賢かったとかいう情けない結論。病気になるまで5年も気がつかなかった。

嫌いな自分

左目の痙攣も止まらんし、刻み込まれた眉間のシワも、下がりまくってる口角も、お腹から湧き出る悪い言葉も全て醜すぎる。自己嫌悪。でも止められない。入院、療養していた時の穏やかで優しい気持ちはもう忘れた。早くマシな自分になりたい。

ネガティヴはうつる

ネガティヴな出来事はうつる気がする。だからこそ家に持ち帰りたくないし、彼との間にも持ち込みたくない。でも疲れがピークだともう止められない…当たってしまったりしてoh no...

退職いつ言うか問題

彼の仕事が落ち着いて、式場などもろもろ目処がついたら寿でやめよう…。それまで我慢できれば。…無理かなぁ。今日にでも言い出しそうだったけど。その前に彼の親御さんに会うという一大事が…乗り越えられるかな。これ以上ストレスはやめて…とりあえず明日生き延びられますように。

退院149日目(薬終了記念日★)

半年の服用が終了

熊本地震から半年というニュースが流れた今日、結核と診断されてから半年飲み続けた薬が終わりました。長かった!解放!まさに解き放たれた気持ち。結局のところ1日も欠かすことなく飲み終えました。バンザイ!そして、こんな時間まで仕事をして帰っている途中です。ギリ今日中に帰れるか…しかし仕事が容赦ない…笑 

アルコール解禁

薬との飲み合わせNGで控えていたアルコールが解禁されました!(実はこれは1回飲んじゃったけど 笑)あまり飲む方ではないけど、これからはちょいちょい飲みつつ、身体第一で暮らしたいです。そのほかにも青魚やチーズなども解禁!今更の秋刀魚を食べるか迷い中。栄養ドリンクもオッケーになったからこれからはバリバリ働けるぜぃ★…いいのか?!笑

仕事について

そんなお仕事ですが、びっくりする程多忙を極めています。容赦なさすぎ。特別扱いされないのは嬉しかったけど、ここまで働かすのもどうなの?と…笑 体調第一で沢山食べて頑張る!初めての仕事もいくつかあるけど、みんなに「大変なやつ振られたね…」的なことを言われる。非常にしんぱーい…。しかしそんな仕事も…できなくなるかと思うと名残惜しくなるもので。

プロポーズされました

少し前に彼と旅行に行った際にプロポーズされました。やっぱり嬉しかったです。(←やっぱりて 笑)ご家族の反対があったにも関わらず決めてくれた事、この人について行きたいと思いました。正直なところ、困難が待ち受けている事は確実なのでもしプロポーズされたとしたら嬉しいのかな?っと心配してたのですが…笑 杞憂 笑 そんなこんなで彼の仕事の都合で来年仕事を辞める可能性が浮上。仕事は好きなので辞めたくないと交渉中。でも、遠距離もやだなー

来週は通院

来週は久々に通院。これも、仕事がなんとかなればですが 笑 CTもとるみたい。健康で完全復活できますように!